どうやるの?
お家で簡単、大切な指輪のお手入れ方法!

気が付けば12月も残りわずかとなり、

クリスマスを過ぎると一気に年末モードに。

1年の締めくくりとなる年末、

やり残したことはないか気にしながら、

一大イベントといえばお家の大掃除です。

今年の汚れをしっかり落とし、

日々の掃除では中々行き届かない

細かいところまでキレイにして、

スッキリとした気持ちで新年を迎えたいですよね。

 

ふと左手を見てみると、

指輪にもキズや汚れがあったり、

ダイヤモンドが心なしかくもって見えたり…。

 「最初はもっとキラキラしてたような…」

 「指輪ってこんなにキズがつくの?」

と、じっくり見ると少しショックを受けてしまうと思います。

指輪が汚れていたり、

輝きが昔より減って見えるのは、

毎日たくさん使っている証拠。

大切な指輪だから、

お家のように指輪もぴかぴかにしたいですよね

 

そこで今回は、

お家で簡単にできる指輪のお手入れ方法

についてまとめていきます!

お家にあるもので誰でも簡単にお手入れできるので、

ぜひお家で試してみてくださいね♪

 

 

 〈 用意するもの 〉

 ・ボウルなどの容器

 ・ぬるま湯

 ・台所用や衣類用の中性洗剤

 ・柔らかい歯ブラシ

 ・眼鏡拭きなどの柔らかい布

 

 

 

では、実際にお手入れを始めていきましょう!

  ①容器にぬるま湯をはり、中性洗剤を少量入れて溶かします。

  ↓

  ②指輪を入れて、柔らかい歯ブラシで優しく汚れを落とします。

  ↓

  ③指輪を取り出し、しっかりとすすぎます。

  ↓

  ④柔らかい布で水分をしっかり拭き取り、乾かします。

 

ダイヤモンドには親油性という性質があり、

皮脂や化粧品の油分などによってくもり、

輝きが鈍く見えてしまいますが、

お家で簡単なお手入れをするだけで付着した汚れが取れて、

元通りキラキラ輝きます✨

 

ただ、

留まっている宝石がダイヤモンド以外の場合や、

指輪の内側に誕生石を留めている場合は、

とても繊細なため、

お家でのお手入れはぬるま湯や洗剤を使わず

柔らかい布で優しく拭く程度が望ましいです。

 

 

   ・強くこすったりせずに、優しくお手入れをする。

   ・お手入れの後は、素早く水気を拭き取る。

   ・ダイヤモンド以外の宝石が留まっている場合は要注意。

 

 

もちろん、

お家でのお手入れでは取りきれない細かい部分の汚れや、

指輪についてしまったキズ、

指輪全体の状態のチェックは、

お店でプロの職人に見てもらうのが一番です。

 

アドバンスではアフターメンテナンスを

永久的に保証しており、

   ・新品仕上げ

   ・サイズのお直し

   ・表面仕上げ

   ・変形のお直し

   ・ダイヤモンドを留めている爪の補強

全て職人がしっかりとチェックを行い、

その指輪に必要なメンテナンスを行っていきます。

 

 

 

おふたりが初めて愛を誓い合った指輪。

最初だけではなく、

10年、20年その先もずっと、

左手の薬指に変わらぬ輝きを宿していたい

と思うと、

定期的なメンテナンスがとても大切になります。

アドバンスでは

一つひとつの指輪を心を込めて

1からお作りしているからこそ、

メンテナンスも

一つひとつ職人が丁寧に仕上げていきます。

 

いつでも安心してメンテナンスを受けられる、

だから何も気にせず

毎日指輪をたくさん着けて楽しめる

指輪に刻まれたキズや汚れは、

それだけたくさんの時間を

共に過ごしてきたということ。

 

 

メンテナンスをして、

ぴかぴかに生まれ変わった指輪を着けて、

ふたりでドキドキしながら指輪を選んだ

あの日のことを思い出して見てください♪

 

 

アドバンスは、

ものづくりにこだわりと責任を持ち、

おふたりの特別な宝物を、

いつでもメンテナンスで綺麗にさせて頂きます。